街市のおサカナ記録帳
by chahk
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
あらじる
at 2014-07-01 23:19
丸々 カタボシイワシ
at 2014-06-23 01:32
ジャノメガザミで
at 2014-05-18 19:43
春節 2014
at 2014-02-01 22:45
ヒレコダイ+コウイカ
at 2013-12-28 23:36
タグ
以前の記事
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
検索
パーツ
サルでもわかるFXはこちら
お気に入りブログ
東京ビールハンター(20...
非天然色東京画
魚食の日々
◆ Mangiare F...
夫婦でバードウォッチング
フォンの野菜メニュー
ときどき薬膳
魚料理を極めろ
魚と野菜と私と和ノ香
香港スープの日々@Tokyo
勝手にリンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル


「ブログ」について思ったこと 〈追記〉

あらかじめ、、、サカナ出て来ません。写真なし長文です。



ある方のブログが休止となりました。
何の事かお察しの方もいらっしゃるかも知れません。

私も「ブログ」で遊んでいる者として、
大いに考えさせられるところがありました。


以下、簡単な経緯です。

ある方の一つの告知記事[1]を巡って賛否様々なコメントが寄せられました。
(これに関しては私も私なりの意見がありますが、それは問題ではありません)
平行してそのブログ主[Aさん]からは新たな記事も更新されていましたが、
批判的コメントの多さに閉口なさったのか、すべての批判的コメントを
「困ったコメント」「陰湿な荒らし」と「一方的に判断し」
([Aさん]ご自身の言葉です)
賛同コメントとともにすべて削除されました。[2]

そして
「ここに来られる人にいやな気持ちになってもらいたくないので」
「しばらくコメントは承認制」という措置をとられました。

さらに口を拭うように
記事内容も前述の「困ったコメント」等の言葉から、

「混乱しています。
言葉だけでは気持ちというものは伝わらないことを今感じています」

と、書き換えられました。[3]

その後も賛否のコメントはつづき、(承認制なので実際の数はわかりません)
[Aさん]は賛同コメントのみに答えるという姿勢をとられていました。
(私は2度コメントしましたが、承認されたのは1つだけ。もちろん答えはありません)

この騒ぎから波及するように、
別の方のブログでも[Aさん]糾弾記事(と、私には見えました)が掲載され、
いわゆる「炎上」状態になっているのも目撃しました。(現在は全て削除)[4]

「本家」の方は最終的には[Aさん]の「休止宣言」というカタチで、
事態は表面上収まっているようです。
「申し訳ありませんでした」という言葉は私の視点とは全くかみ合いませんが。
書き込まれたコメントも閲覧できなくなっていますので、
今そのブログを覗いた人には何が起ったのかは分からない状態です。



さて、、、

発端は[1]の告知記事だったのですが、
これには賛否あって然りだと思います。
私も意見はあると申しましたが、それはそれです。
(たしかに言葉にする際の表現の問題もありますしね。70っ歩譲って)


私が憤るのは(あ、今さらですがちょっと怒ってます)まず[2]についてです。

当たり前ですが、ブログなんて公に開かれた遊び道具なのですから、
コメント欄が自分を支持してくれる言葉で埋め尽くされるとは限りません。
しかし、「賛成!」にしろ「反対!」にしろ
それぞれの立場から真面目に書き込まれたコメントです。(たぶん)
「自分に都合の悪い言葉、耳の痛い意見」を隠蔽するために、
クリックひとつで“トイレを流すをように”
それらのコメントを消し去る行為は許されない、と私は思っています。
というか、ルール違反では?

中途半端に「コメント承認制」という名の「検閲」を実施されましたが、
自分の言いたいことだけ言いたいなら別の手段があるのはず。
コメントいっさい不可の「一方通行垂れ流し」に徹する、とか。
(未成年者も閲覧可能な媒体ですので「コメントの承認制」自体を否定するものではありません)


[3]については自分が見せてしまった醜悪な姿をこれまた糊塗する行為です。
隠したい気持ちは分からないではありませんが。。。
「先ほどこう言いましたが思い直して書き換えました」という言葉がなければ、
「怒りコメント」した人達がなんで怒っているのか[2]を知らない人には分かりません。
もちろんそれが戦術的意図なのでしょうけど、
知っている人には「卑劣!」な印象「2倍!2倍!」(by高見山)です。
(『誠意』を追求するワケではありませんけどね。。。)
ま、そういうイミで[Aさん]の戦術は“おおむね”成功です。

また、[4]の出来事を見ていると、(今に始まった事ではありませんが)「匿名」に守られた「遊び道具」の暴走に暗澹たる気分になりました。
(私の[2][3]に対する怒りに共通するコメントはいっさいありませんでした)



だれでもカンタンに開設でき、好きなコトを好きなタイミングで“垂れ流せる”、
「ブログ」という媒体。ベンリですよね。

え?はい。これも「匿名記事」です。

こんなちっぽけな「ブログ」ですが、読んでくださっている方達がいます。
「自分の発する言葉に責任を持つ」というのはどういうことなのか、
最初に申しましたとおり、
この「事件」を機に「自分の事」としてまた考え込んでいます。


「さかな生活」の再開は、少しアタマを整理してからにします。



ここまで読まれた方、おつきあい感謝です。



長文ご意見、非公開コメントにしたいという方はこちらへどうぞ。
chahk@excite.co.jp


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

〈追記・3月25日〉

Twitter見ました。

いやはや、、、よっく分かりました。

驚きました。純粋に。(笑)

「ブログ遊び」している人間として、看過できない出来事
と、考え込んでしまった自分がアホらしなった。。。


以上。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

〈追記2・同じく3月25日〉

再開されましたね。

ご自分なりに「総括」と「謝罪」もされてます。

“つぶやき”からは想像できなかった言葉で、
これまた「驚き」でした。


以上。
by chahk | 2011-03-22 18:50
<< 漁業教育中心 香港大學内のスターバックス >>